夏にも冬にも!人気の糀ポタージュをご紹介

2022/03/04
  • LINEで送る

人気の糀ポタージュ|野菜と乳酸菌のピーネ

 

ポタージュとは?

ポタージュとは、日本では食材をミキサーにかけとろとろに仕上げた濃厚なスープを意味します。一般の家庭はもちろん高級レストランのコース料理などでも提供され、幅広く親しまれている料理の一つです。和風や洋風といった味付けのバリエーションや、冷温両方で楽しめるため、日頃から親しみを感じている方も多いと思います。

元々「ポタージュ(potage)」は、フランス語でスープを表す言葉です。フランス語で「pot」は鍋を意味し、そこに中身を意味する「-age」が組み合わさり、「ポタージュ(potage)」の語源はスープを作る時に鍋で素材を煮込んでいたことと言われています。豆知識として、日本では「ポタージュスープ」と言い表すこともありますが、これはフランス語では「スープスープ」という意味になってしまうため、場合によっては使い方を間違えないよう注意が必要です。

さらに本場ではポタージュは細かく分類分けがされており、濃厚でとろみの付いたスープは「ポタージュ・リエ(potage lié)」、さらさらで薄いスープは「ポタージュ・クレール(potage clair)」と呼ばれていますが、日本では一括りにスープに分類されます。

ポタージュで使用される代表的な野菜として、じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも、とうもろこしなどが挙げられますが、季節によって旬の野菜が使用されることも多くあります。レトルトや粉末など、様々なタイプで商品化もされており、「期間限定〇〇味」などの売り文句に、ついつい商品を手に取ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

 

野菜と乳酸菌

1日に必要な野菜摂取量の目安は350g( 緑黄色野菜を120g以上・淡色野菜を230g以上)と言われています。
野菜には体を健康的に保つための栄養素がたくさん含まれているため、摂取量が減ってしまうのは良くないと言えるでしょう。しかし、毎日350gという量の野菜を摂取し続けるのは現実的に難しいというのが現状ではないでしょうか?

毎日継続するためには、その野菜を「どのように」「美味しく」摂取できるかというのが重要になってきます。
そこで着目するのが「乳酸菌」です。乳酸菌は、野菜の強みを最大限に引き出すという力をもっています。野菜との相性も抜群で、保存性を高めるだけでなく、素材の香りや味をより良く変化させる効果を発揮します。

乳酸菌の種類も複数あり、野菜や豆、米や麦などの穀物を発酵させる「植物性乳酸菌」は、乳などを発酵させる「動物性乳酸菌」に比べて胃酸に強く、生きて腸まで届く力があると言われています。

 

〇ピーネ乳酸菌についてはこちら

コラム:ピーネ乳酸菌って何者?名前の由来は?

 

ピーネでは「野菜と乳酸菌と暮らす」を新しいライフスタイルとして提案し、乳酸菌と糀の発酵の力で野菜本来のおいしさを引き出した様々な商品を発信しています。今回はその中から人気の高い「糀ポタージュ」をご紹介いたします。

 

 

 

ピーネ人気の糀ポタージュ

ピーネでは、国産の原料を使用した食品添加物不使用の糀ポタージュを販売しています。乳酸発酵をさせたオリジナルの甘酒ペーストをたっぷりと含んでおり、濃厚な甘さが口の中いっぱいに広がります。

 

<かぼちゃの糀ポタージュ>

クリーミーな味わいが特徴の「かぼちゃの糀ポタージュ」です。かぼちゃ本来の甘みを糀が引き立てる、女性人気No.1の商品となっております。(税込み 390円)

 

~かぼちゃのおすすめポイント~

かぼちゃは一年を通して美味しく食べることができる野菜のひとつです。かぼちゃに多く含まれているβカロテンは体内に入るとビタミンAに変化し、毎日の健康をサポートします。この他にも、ビタミンEやビタミンC、食物繊維など体に嬉しい栄養素をたくさん含んでいます。

 

 

 

<じゃがいも糀ポタージュ>

ポタージュの中でも定番の「じゃがいも糀ポタージュ」です。じゃがいもペーストの口あたりが良くなるよう仕上げた、糀の甘さが引き立つピーネオリジナルのポタージュです。(税込み 390円)

 

~じゃがいものおすすめポイント~

じゃがいもには、食物繊維やビタミンC、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。特に、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られており、加熱してもが失われにくいという特徴があります。

 

 

 

<とうもろこし糀ポタージュ>

おやつにもおすすめの「とうもろこし糀ポタージュ」です。とうもろこしと糀の自然な甘みと旨みが特徴の濃厚ポタージュとなっています。(税込み 390円)

 

~とうもろこしのおすすめポイント~

とうもろこしには、毎日をスッキリと過ごすために必須な食物繊維が豊富です。また、他の野菜より多くのビタミンB1がたくさん含まれています。平均の約2倍とも言われ、より健康的な体作りにピッタリの食材です。

 

 

 

<とまとの糀ポタージュ>

トマトと糀の旨味をたっぷりと詰め込んだ「とまとの糀ポタージュ」です。みずみずしさが特徴のトマトをクリーミーなポタージュに仕上げました。(税込み 390円)

 

~トマトのおすすめポイント~

トマトの代表的な栄養素はリコピンです。リコピンはトマトをそのまま食べるよりもミキサーなどで液体にしてから体内に取り入れる方が、栄養を無駄なく吸収できると言われています。そのため、ジュースやスープなどにして摂取することがおすすめです。

 

 

 

糀ポタージュの召し上がり方

<温製ポタージュ> ~お湯で温める場合~

■加熱時間の目安:約5分

袋の封を切らずに、そのまま沸騰したお湯に入れ、温めてから召し上がりください。
鍋から袋を取り出す時・中身を器へ移す時は袋が熱くなっているため、やけどにご注意ください。

 

<温製ポタージュ> ~電子レンジで温める場合~

■加熱時間の目安:500Wの場合 約2分
※加熱時間は機種・W(ワット)数により異なりますので電子レンジの説明書などを参考にしてください。

袋の封を切り、深めの耐熱容器等にうつし、ラップをかけて加熱してください。

電子レンジのオート(自動)機能での加熱や、温めすぎは、加熱中や加熱後の突然の沸騰や、やけどの原因になりますのでご注意ください。加熱後は軽くかきまぜていただくと、更に美味しく召し上がりいただけます。

 

<冷製ポタージュ>

冷蔵庫で冷やしていただき、冷製ポタージュとしてお召し上がりください。そのままでも美味しくお召し上がりいただけますが、牛乳を少量加えていただくと、よりなめらかな味わいをお楽しみいただけます。

 

 

 

ピーネの糀ポタージュは、野菜嫌いでも飲める!とお子様から大人まで幅広い世代の方にご好評いただいています。食卓の一品やちょっとしたおやつにも最適なピーネオリジナルの糀ポタージュを、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

 

user guide user guide